このサイトでは、京都に住んでいることから得られる生の情報を紹介します

MENU
一味違う京都旅行を楽しむ!京都観光案内 TOP  >  京都の名所  >  嵯峨野の落柿舎は、柿の木が似合います:一味違う京都観光案内

嵯峨野の落柿舎は、柿の木が似合います:一味違う京都観光案内

一味違う京都観光案内:嵯峨野にある落柿舎は、柿の木が似合う場所です。

落柿舎とは

落柿舎とは、嵯峨野にあるお寺でなく、草庵と呼ばれる小さな家です。
松尾芭蕉の弟子だった向井去来という方の庵でした。

スポンサーリンク



向井去来が住んでいた頃、家の周囲にはたくさんの柿の木があって、
その柿を売ろうとする前に、嵐(台風?)によって柿がすべて落ちてしまったことがあり、
そのエピソードから落柿舎という名前にしたそうです。

1691年(元禄4年)の4月~5月に、松尾芭蕉が滞在したときに、”嵯峨日記”を著したそうです。

落柿舎への行き方

徒歩数分以内には最寄駅、バス停は無く、一番近いのは、JR嵯峨嵐山駅になります。
ということは、まずは天龍寺とかを散策してから行くのが良いかと思います。ここで天龍寺からの
道順を記しますと、

天龍寺から、渡月橋を背にしてしばらく北に歩きます。
そうすると、この表示が出てきますので、ここを左折します。

嵯峨野通りから、常寂光寺に向かうところ

しばらく歩くと有名な竹林の道になります。

IMG_2868

 

 

さらに道なりに歩くと、野宮神社に到達します。”縁結びの神”なので、ここでお参りしましょう。

 

IMG_2870

 

 

さらに進行方向に向かって進むと、こういう標識が出てきますので、ここを左折しましょう。

IMG_2882

しばらく歩くと、こういう畑というか空き地が出てきます。この向かって右側に落柿舎があります。
まっすぐ行くと常寂光寺に行きます。

IMG_2883

 

落柿舎周辺の地図です。

ここが落柿舎の外観です。さすがに柿が良く似合いますね。

IMG_2891

 

向井去来の有名な句です。

IMG_2893

 

庭には鹿おどし があります。風流ですね・・・

 

 

IMG_2894

 

 

家の壁には、向井去来が在宅かどうかを示すのに使ったという番傘とかが置いてありました。
番傘が置いてあれば在宅ということですね・・・

IMG_2899

草庵の中の様子も見ることができます。

IMG_2897

 

柿の木も撮影してみました。

IMG_2896

 

ということで、落柿舎はほかの嵯峨野の寺とかに比べると非常に小さなスペースですが、
とても風流な場所です。気軽に立ち寄られてみたらいかがでしょうか?

 

 
スポンサーリンク



同じカテゴリー「京都の名所」の一覧

無料でいつでも観覧出来る京都御所の紹介・無料ガイドツアーも有ります

京都御所に行ってきました。 以前は、京都御所というと、年間で春とか秋とかに特別拝観があったり、事前申し込みをしないと入れない ところでしたが、2016年より、年間いつでも無料で拝観できるようになりました。

記事の続きを読む
NO IMAGE

京都観光:市内には実に多くの骨董品屋さんがあります。骨董品屋さん巡りはいかが?

京都は、やはり、伝統ある神社仏閣や老舗の店がたくさん残っていることと関係していると思いますが、 実にたくさんの骨董品店があります。 すこし調べてみたところ、10や20ではありません。 例えば京都市の中心部である中京区だけで、50を超えるくらいの骨董品屋さんがあります。

記事の続きを読む

京都観光シンボル京都タワー商業ビルが2017年4月14日リニューアルオープン55店出店 大浴場もあります

2017年4月14日に京都のシンボルといえる京都タワーのビルで 改装中であった地下1階から地上2階の商業施設がリニューアルオープンします。

記事の続きを読む
NO IMAGE

【伊藤若冲】錦市場の伊藤若冲のゆかりの場所を歩きました

京都 錦市場を高倉通の方から歩きました。今年で生誕300年の伊藤若冲さんの生家があった辺りです。 ここでは歩いた時のエッセイを記したいと思います。

記事の続きを読む

【京都1日コース】京都市営地下鉄で行ける名所を紹介します

京都市内は地下鉄が2系統走っています。 烏丸線と東西線です。 ここではこの2系統の地下鉄で行ける京都名所を紹介したいと思います。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

京都観光オタクのプロフィール

京都と東京、さらにはさまざまな都市を駆け巡っています。 京都観光において一般の本や雑誌にあまりのっていない穴場や、 交通手段、美味しいところなどを紹介してゆきたいと思います。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 一味違う京都旅行を楽しむ!京都観光案内

    ページトップ