このサイトでは、京都に住んでいることから得られる生の情報を紹介します

MENU
一味違う京都旅行を楽しむ!京都観光案内 TOP  >  京都の美術館・博物館 , 伊藤若冲  >  【生誕300年伊藤若冲展 若冲の京都 KYOTOの若冲】前売り券は200円お得!京都市美術館で2016年10月4日~12月4日開催です。

【生誕300年伊藤若冲展 若冲の京都 KYOTOの若冲】前売り券は200円お得!京都市美術館で2016年10月4日~12月4日開催です。

今年2016年は伊藤若冲生誕300年ということもあり、様々なところで伊藤若冲展が行われています。
京都は伊藤若冲が生まれ、生活したところですので、さすがに京都においていくつか伊藤若冲展が開催されますね。

関連記事:伊藤若冲展:2016年京都市美術館展を観てきました。12月4日まで絵の入れ替えあります

関連記事:【伊藤若冲展】夏~冬にかけて京都の4か所で開催されます:細見美術館・相国寺・京都市美術館・京都国立博物館

京都市美術館において、2016年10月4日から12月4日まで若冲の京都 KYOTOの若冲 というタイトルでの展覧会が行われますので、紹介させていただきます。

伊藤若冲とは?

江戸時代の1716年に現在の京都錦市場の問屋に生まれました。
問屋業を営む傍ら、絵を描くことに長け、40代で問屋業は兄弟に譲り、自身は画家の道を
まっしぐら。現代においてそれほど有名ではなかったのですが、
とてもとてもち密な絵を描いたことにより、若冲没後200年であった2000年前後から
若冲展が様々なところで行われ、大変人気の高い画家となっています。

京都市美術館とは?

京都平安神宮近くの岡崎公園内にある歴史深い美術館です。
1933年といいますから、太平洋戦争以前の昭和初期、昭和8年に開館しました。
1928年、すなわち昭和3年に京都で行われた昭和天皇の即位の礼にちなんでできた美術館で、
開館当時は、”大礼記念京都美術館”という名前でした。戦後の1952年、昭和27年に
京都市美術館という名前に改められました。

京都市美術館への行き方

1)京都駅からの行き方
電車で行く方法:まず京都駅から地下鉄烏丸線で国際会館方面乗車、3つめの烏丸御池駅で
地下鉄東西線に乗り換えて、六地蔵方面乗車、東山駅下車徒歩約10分です。
バスで行く方法:京都駅北側のバスターミナルA1乗り場より5系統”岩倉行き”に乗り、
”岡崎公園 美術館・平安神宮前”で下車。すぐ見えます。京都駅から
2-30分かかります。
2)四条河原町からの行き方
電車で行く方法:四条河原町から三条河原町まで歩き、地下鉄三条駅から地下鉄烏丸線で
六地蔵方面乗車。後は京都駅から電車で行く方法と同じです。
バスで行く方法:四条河原町バス停から、市バス5系統岩倉行き もしくは32系統銀閣寺行き
もしくは46系統平安神宮行きに乗り、”岡崎公園 美術館・平安神宮前”
で下車。すぐ見えます。

京都市美術館周辺の地図は以下の通りです。

この京都市美術館の若冲展の見どころは?

パンフレットにあるように、期間限定展示での百犬図が圧巻だと思います。

京都市美術館

開館時間は?

月曜日は休館(10月10日(月)の祝日は開館)
9時から17時 ただし、10月8日と9日のみ19時まで開館です。すなわち
京都市美術館で若冲展が開催開始になった初めての土日は19時までということになります。

観覧料

一般1,200円、大学生・高校生1000円、中学生・小学生500円です。
なお前売り・団体はそれぞれ200円引きです。
さらに、中学生・小学生はなんと土日祝日は無料です。

前売り券200円引きは、10月3日まで発売です

前売り券は10月3日まで発売です。ご注意ください。

京都市美術館周辺の見どころは?

平安神宮、岡崎公園、京都市動物園などが近いですよ。

関連記事:【伊藤若冲展】夏~冬にかけて京都の4か所で開催されます:細見美術館・相国寺・京都市美術館・京都国立博物館

関連記事:相国寺の承天閣美術館で伊藤若冲の釈迦三尊像と動植綵絵のレプリカが見れます

同じカテゴリー「京都の美術館・博物館」の一覧

【祇園祭展示】京都文化博物館で、2017年祇園祭の展示を行っています

京都文化博物館ご存知ですか? 京都だと、国立博物館とかが有名ですが、京都市中心街である烏丸近くにある京都文化博物館で、2017年祇園祭の展示も行っていますので、ぜひ祇園祭を勉強するためにも行ってみてください。

記事の続きを読む

【祇園祭展示】ヨドバシカメラ隣の展示室と漢字博物館内祇園祭ギャラリー2個所紹介します

祇園祭関連の常設展示があるのは、京都国立博物館でも京都市美術館でもなく、 以下の2つの場所になります。 1)京都市無形文化遺産展示室 2)祇園祭ギャラリーin漢字博物館

記事の続きを読む

京都国際マンガミュージアム2006年開館~館長が変わりました。

京都国際マンガミュージアムの館長が変わりました。 2016年にオープンした京都国際マンガミュージアムの館長が 4月1日付で養老孟司さんから作家の荒俣宏さんに変わりましたね。 荒俣宏さんは、もともとは会 […]

記事の続きを読む
NO IMAGE

京都国立博物館2017年秋に国宝展開催!限定前売券6/5発売開始

京都国立博物館において、2017年秋に京都国立博物館120周年を記念した ”国宝展”が開催されます。 120年前の、1897年(明治20年)に、京都国立博物館が開館しましたが、 ちょうど同じ年に、”旧 […]

記事の続きを読む

伊藤若冲の作品などを展示・販売している京都観光の画廊【ギャラリー創】に行ってきました。

伊藤若冲の作品などを店内に展示し、実際に販売もしている 京都のホテルオークラの隣にある【ギャラリー創】に訪問してきました。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

京都観光オタクのプロフィール

京都と東京、さらにはさまざまな都市を駆け巡っています。 京都観光において一般の本や雑誌にあまりのっていない穴場や、 交通手段、美味しいところなどを紹介してゆきたいと思います。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 一味違う京都旅行を楽しむ!京都観光案内

    ページトップ