このサイトでは、京都に住んでいることから得られる生の情報を紹介します

MENU
一味違う京都旅行を楽しむ!京都観光案内 TOP  >  京都の神社仏閣  >  【京都・国宝・世界遺産】京都東山の三十三間堂は、仏像にただただ圧倒されます

【京都・国宝・世界遺産】京都東山の三十三間堂は、仏像にただただ圧倒されます

三十三間堂に行ってきました。

IMG_6735

スポンサーリンク


三十三間堂とは?

平安時代後期に、平清盛が創建したお寺です。
正式名称は、蓮華王院 といいます。
もともとは、1164年に創建されましたが、一度焼失し、
鎌倉時代の1266年に再建されました。

本堂について

本堂は、なんと幅が約120メートルもある
入母屋・本瓦葺の 総檜造り で、
正面の柱の間が三十三あるので、三十三間堂と称されています。

まず入り口・受付で拝観料を払って本堂に入ります。

IMG_6733

拝観料と引き換えに入場券とパンフレットをもらえます。

これが入場券です。

FullSizeRender

これがパンフレットです。

FullSizeRender

三十三間堂の見所

三十三間堂の見所といえば、ほとんど本堂の中の仏像につきると
言ってよいと思います。
その仏像としては、以下の3種類に分けられます。

 1.十一面千手千眼観世音(国宝)と周りの1000体の立像

本堂の全体を占めるのは、中心の十一面千手千眼観世音と
周りの1000体の立像です。
見ると誰もが、その数に圧倒されると思います。
中心の観世音は国宝ですが、1000体の立像は重要文化財です。

2.雷神像と風神像(国宝)

全体の一番右に雷神像があり、一番左に風神像があります。

3.観音二十八部衆像(国宝)

上記 1000体の立像の前列に隙間を空けて、28の仏像があります。
それは真ん中の千手観音とその信者である1000体の像を守る
という意味があるようです。

ほかに三十三間堂で有名なのは 楊枝のお加持と通し矢 です。

毎年1月中旬に行われます。
通し矢といわれる弓の競技の様子が毎年報道されますね。

IMG_6739

三十三間堂の情報

行き方

JR京都駅から京都市バス206・208系統で、京都国立博物館南側 で下車。
約15分 230円です。

開門時間

4月~11月15日:8時~17時
11月16日~3月:9時~16時

拝観料

大人600円

住所

京都市東山区三十三間堂廻町657

電話番号とWebサイトアドレス

075-561-0467

http://www.sanjusangendo.jp

スポンサーリンク


同じカテゴリー「京都の神社仏閣」の一覧

京都駅から徒歩10分!渉成園は東本願寺の離れの素敵なお庭がある邸宅でした

京都駅から徒歩10分でいける隠れた名所である渉成園に行ってきました。 渉成園は、東本願寺の離れ庭といえる場所で、 訪れる人も少なく、とても落ち着いたたたずまいでした。

記事の続きを読む

東本願寺は、京都駅から一番近い名所寺院です

東本願寺に行ってきました。 東本願寺は、京都駅から一番近いお寺といえます。 もちろん歩いて行けます。

記事の続きを読む

銀閣寺は、有名な建物だけでなく美しい庭園・ゴミ一つ無い道が見事です

銀閣寺とは? あまりにも有名なので、ご存知の方も多いかと思いますが、 銀閣寺は正式には、東山慈照寺というお寺で、世界文化遺産の一つです。 意外と知られていないのが、東山慈照寺=銀閣寺は、臨済宗相国寺の寺外塔頭の 一つなのです。実は、金閣寺も相国寺の塔頭です。

記事の続きを読む

【TABICAツアー京都・松尾大社】古代の磐座(いわくら)に登りました

TABICAが主催する【京都・松尾大社】京都屈指のパワースポット!山と海の神を祀る古代の磐座(いわくら)を目指す旅というツアーに参加しました。

記事の続きを読む

TABICA企画京都観光ツアー”熊野は京都にもあった!に参加。とても楽しかったです。

TABICA企画京都観光ツアー”熊野は京都にもあった! 【古代を体感!京の熊野】京に残る熊野信仰の地を体感する! に参加しましたしたので その体験レポートを記したいと思います。 TABICAとは? 「 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

京都観光オタクのプロフィール

京都と東京、さらにはさまざまな都市を駆け巡っています。 京都観光において一般の本や雑誌にあまりのっていない穴場や、 交通手段、美味しいところなどを紹介してゆきたいと思います。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 一味違う京都旅行を楽しむ!京都観光案内

    ページトップ