このサイトでは、京都に住んでいることから得られる生の情報を紹介します

MENU
一味違う京都旅行を楽しむ!京都観光案内 TOP  >  京都の神社仏閣  >  永観堂は京都市を代表する紅葉の名所です。境内紅葉だらけです~一味違う京都観光案内~

永観堂は京都市を代表する紅葉の名所です。境内紅葉だらけです~一味違う京都観光案内~

一味違う京都観光案内:阪急電車の駅構内紅葉情報にも載っている紅葉の名所、永観堂を紹介します。





京都の東側、哲学の道の南端、南禅寺の北あたりにあります。境内紅葉だらけの紅葉の名所です。

永観堂の歴史

永観寺は浄土宗西山禅林寺の総本山です。
863年(貞観5年)ということは、平安時代ですね、清和天皇から自筆の額を賜って
はじめは”禅林寺”と言う名前で真言宗のお寺であったのが、平安時代末期になり、
永観(ようかん と呼ぶそうです)という僧が念仏道場を開いたときから”永観堂”と呼ばれるように
なりました。宗派も浄土宗に変わりました。 正式には永観堂禅林寺と言います。

永観堂の見所

紅葉が有名なことは言うまでもありませんが、それ以外に、阿弥陀堂にある
”阿弥陀如来立像”は首を左に向けた姿をしていて、大変珍しく、
通称”みかえり阿弥陀”と呼ばれる仏像が大変有名です。

永観堂の入り口

南禅寺から北側の道をほんの数分歩くと永観堂の入り口に着きます。

IMG_3050

 

永観堂周辺の地図です。

すこし歩くと受付があります。

 

IMG_3051

IMG_3052

 

受付を過ぎると、

IMG_3056

すぐに紅葉一杯の庭が現れます。
この写真はまだ2015年11月初旬に撮影したもので、少し色ずいたところです。

IMG_3053

IMG_3054

中の池の周りの紅葉、および多宝塔の周りの紅葉が見事と言われています。

この記事を投稿した2015年11月6日の夜から、2015年のライトアップが始まりました。
池の周りや御影堂、多宝塔などが照らされて、素晴らしい景色が味わえますよ。

境内には約3000本の紅葉があると言われており、それを600基のライトで照らすとのことです。

是非この紅葉の季節に、永観堂の紅葉と みかえり阿弥陀を 味わってみてくださいね。

 

永観堂の拝観情報

昼間 午前9時~午後4時
夜間 午後5時~午後8時半 (2016年は11月8日~12月4日)

拝観料
現在は寺宝展が開催されており、入場料1000円
夜間拝観料は600円です。

 



同じカテゴリー「京都の神社仏閣」の一覧

京都駅から徒歩10分!渉成園は東本願寺の離れの素敵なお庭がある邸宅でした

京都駅から徒歩10分でいける隠れた名所である渉成園に行ってきました。 渉成園は、東本願寺の離れ庭といえる場所で、 訪れる人も少なく、とても落ち着いたたたずまいでした。

記事の続きを読む

東本願寺は、京都駅から一番近い名所寺院です

東本願寺に行ってきました。 東本願寺は、京都駅から一番近いお寺といえます。 もちろん歩いて行けます。

記事の続きを読む

銀閣寺は、有名な建物だけでなく美しい庭園・ゴミ一つ無い道が見事です

銀閣寺とは? あまりにも有名なので、ご存知の方も多いかと思いますが、 銀閣寺は正式には、東山慈照寺というお寺で、世界文化遺産の一つです。 意外と知られていないのが、東山慈照寺=銀閣寺は、臨済宗相国寺の寺外塔頭の 一つなのです。実は、金閣寺も相国寺の塔頭です。

記事の続きを読む

【TABICAツアー京都・松尾大社】古代の磐座(いわくら)に登りました

TABICAが主催する【京都・松尾大社】京都屈指のパワースポット!山と海の神を祀る古代の磐座(いわくら)を目指す旅というツアーに参加しました。

記事の続きを読む

TABICA企画京都観光ツアー”熊野は京都にもあった!に参加。とても楽しかったです。

TABICA企画京都観光ツアー”熊野は京都にもあった! 【古代を体感!京の熊野】京に残る熊野信仰の地を体感する! に参加しましたしたので その体験レポートを記したいと思います。 TABICAとは? 「 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

京都観光オタクのプロフィール

京都と東京、さらにはさまざまな都市を駆け巡っています。 京都観光において一般の本や雑誌にあまりのっていない穴場や、 交通手段、美味しいところなどを紹介してゆきたいと思います。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 一味違う京都旅行を楽しむ!京都観光案内

    ページトップ