このサイトでは、京都に住んでいることから得られる生の情報を紹介します

MENU
一味違う京都旅行を楽しむ!京都観光案内 TOP  >  京都の美術館・博物館  >  京都国立博物館の特集陳列 生誕300年 伊藤若冲 を観てきました。

京都国立博物館の特集陳列 生誕300年 伊藤若冲 を観てきました。

2016年若冲生誕300年記念で京都でいくつか展覧会が行われてきましたが、
2016年のラストを飾る展覧会として、京都国立博物館で、特別陳列若冲展が
2016年12月13日~2017年1月15日まで開催されております。
今回、その展覧会を見てきたので、レポートしたいと思います。

京都国立博物館への行き方。

大きく2つの方法があります。
バスを使う方法と、京阪電車を使う方法です。

1)バスを使う方法

公共交通機関で最も近いのは、京都市バスで、京都駅より100、206、208系統で
”博物館・三十三間堂”で降りれば、目の前が博物館です。

2)京阪電車を使う方法

京都駅から直接一つの電車で行くことはできません。
京都駅からだと、地下鉄烏丸線国際会館行きに乗り、烏丸御池駅で地下鉄東西線に乗り換え、
六地蔵駅行きに乗り、三条駅下車。三条駅で京阪電車に乗り換え、淀屋橋駅行きに乗り、
七条駅下車です。

今回は、京阪電車で七条駅下車し、そこから歩いて博物館まで行きました。

七條駅では4番出口から出るのが、よい方法です。
img_2426

img_2428

切符売り場
博物館の入り口の右側に、切符売り場があります。

img_2435
一般料金は、520円ですが、JAFカードや幾つかのクレジットカード等を提示すると、
110円割引になり410円で入場することができます。

入口を入ると・・

大きな広場があります。そして右側に見えるのがもともとの博物館の建物です。
今は閉鎖されております。

img_2438
中央奥に見えるのが、平成知新館といい、今回の特別陳列若冲もここで行われています。

img_2439

img_2441

若冲展だけではありませんでした。見応えあります。

京都国立博物館は、若冲展だけでなく、
の中で、いくつかの展示が行わています。
今回2016年冬は、”京博のお正月とりづくし”、”皇室の御寺 泉涌寺、鳥取・三佛寺の蔵王権現立像”
などとともに行われている若冲の”特集陳列”になります。

若冲展の見どころ

特集陳列若冲 は、2Fの3フロア=2Fー3~5 を占めております。
今回の展示は、”京都他の場所での2016年若冲展で展示されていない作品が多いのが特徴です。

魅力的な作品としては、
・百犬図
・石峰寺図
・六歌仙図押絵貼屏風
・垣豆群蟲図
・果蔬涅槃図
・蝦蟇河豚相撲図

などがあります。

 

 

同じカテゴリー「京都の美術館・博物館」の一覧

【祇園祭展示】京都文化博物館で、2017年祇園祭の展示を行っています

京都文化博物館ご存知ですか? 京都だと、国立博物館とかが有名ですが、京都市中心街である烏丸近くにある京都文化博物館で、2017年祇園祭の展示も行っていますので、ぜひ祇園祭を勉強するためにも行ってみてください。

記事の続きを読む

【祇園祭展示】ヨドバシカメラ隣の展示室と漢字博物館内祇園祭ギャラリー2個所紹介します

祇園祭関連の常設展示があるのは、京都国立博物館でも京都市美術館でもなく、 以下の2つの場所になります。 1)京都市無形文化遺産展示室 2)祇園祭ギャラリーin漢字博物館

記事の続きを読む

京都国際マンガミュージアム2006年開館~館長が変わりました。

京都国際マンガミュージアムの館長が変わりました。 2016年にオープンした京都国際マンガミュージアムの館長が 4月1日付で養老孟司さんから作家の荒俣宏さんに変わりましたね。 荒俣宏さんは、もともとは会 […]

記事の続きを読む
NO IMAGE

京都国立博物館2017年秋に国宝展開催!限定前売券6/5発売開始

京都国立博物館において、2017年秋に京都国立博物館120周年を記念した ”国宝展”が開催されます。 120年前の、1897年(明治20年)に、京都国立博物館が開館しましたが、 ちょうど同じ年に、”旧 […]

記事の続きを読む

伊藤若冲の作品などを展示・販売している京都観光の画廊【ギャラリー創】に行ってきました。

伊藤若冲の作品などを店内に展示し、実際に販売もしている 京都のホテルオークラの隣にある【ギャラリー創】に訪問してきました。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

京都観光オタクのプロフィール

京都と東京、さらにはさまざまな都市を駆け巡っています。 京都観光において一般の本や雑誌にあまりのっていない穴場や、 交通手段、美味しいところなどを紹介してゆきたいと思います。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 一味違う京都旅行を楽しむ!京都観光案内

    ページトップ