このサイトでは、京都に住んでいることから得られる生の情報を紹介します

MENU
一味違う京都旅行を楽しむ!京都観光案内 TOP  >  トレンド情報 , 京都の芸術 , 伊藤若冲  >  【2016年伊藤若冲展】相国寺で開催中・京都市美術館開催前の穴場は、嵐山時雨殿で開催の”綴織伊藤若冲展”です

【2016年伊藤若冲展】相国寺で開催中・京都市美術館開催前の穴場は、嵐山時雨殿で開催の”綴織伊藤若冲展”です

今年、2016年は伊藤若冲生誕300年ということで、春の東京上野の東京都美術館での若冲展が大変な混雑になったことを口火として、今でも伊藤若冲ブームが続いていますね。

伊藤若冲の故郷、京都でも相国寺承天閣美術館で2016年9月現在開催中、さらに10月からは京都市
美術館、12月からは京都国立博物館で開催されますが、一つ穴場として紹介したいのは、京都の嵐山
にある時雨殿で開催されている綴織伊藤若冲展です。

今回この綴織伊藤若冲展を観覧してきたので、その紹介をしたいと思います。
スポンサーリンク

注目記事:伊藤若冲の傑作 天井画が観れるのは、京都の信行寺と滋賀の義仲寺、翁堂です。

注目記事:京都への電車・バス・飛行機での行き方紹介します

関連記事:【生誕300年伊藤若冲展 若冲の京都 KYOTOの若冲】京都市美術館で2016年10月4日~12月4日開催です。前売りチケットは200円お得です。

時雨殿とは?

正式名称は、小倉百人一首殿堂 時雨殿 といいます。
小倉百人一首の選者でありご自身が歌人でもあった藤原定家が まさに百人一首を選んだ地である
嵐山に建立された百人一首関連の作品を陳列している博物館です。
今回の綴織 伊藤若冲展とは?

伊藤若冲は今は大ブーム、しかしながら、昭和初期やその前の大正時代などは、今ほど有名ではありませんでした。
さらに時代を遡ること明治の初期は、ある程度伊藤若冲もその人気を博しておりました。
そういった中で、明治時代に川島織物二代目当主であった川島甚兵衛が、伊藤若冲が残した作品の
世界観が素晴らしいことに感嘆しており、1904年、日本では日露戦争が勃発した年に、
米国セントルイスで行われた万国博覧会において、室内装飾”若冲の間”というものを出展して、
大好評を得ました。

今回この時雨殿においては、上記 若冲生誕300年にちなんで、上記万国博覧会に
出品した綴織額”紫陽花双鶏図”と、2010年に作られた”池辺郡虫図”が
陳列されているのを始めとして、上記万国博覧会のける”若冲の間”の再現を観ることができて、
とても有意義な芸術鑑賞をすることができました。

以下写真と共に、綴織 伊藤若冲展をのぞいてみようと思います。

時雨殿への行き方

以下写真で行き方を記してゆきたいと思います。

まずは嵐山渡月橋の嵯峨野側に出て一番川沿いの道を大堰川上流方向に向けて歩きます。

 

 

 

 

img_9855

 

しばらく歩くと、有名な料亭 吉兆があり、そこも通り過ぎて歩きます。

img_9856

さらに歩くと突き当りに、時雨殿の標識が見えてきました。

img_9860

ここを右折して一番手前の建物が時雨殿です。

img_9858 img_9859

ここが入口になります。

img_9864

ドアを開けると左側に受付があります。入館料は大人500円です。

靴と大きな荷物はロッカーに預けます。コイン100円投入。帰りに100円は戻ってきます。
ロッカーに靴と荷物を預けて、あとはこのお庭がある廊下をずっと歩くと展示室に到達します。

img_9865

館内はフラッシュ撮影などしなければ撮影することも可能でした。
常設展示は以下のような百人一首にちなむ作品です。

img_9885 img_9887

常設展の横で、綴織 伊藤若冲展の作品が陳列されていました。

是非生を観ていただきたいと思っていますが、代表的な織物作品を以下に記します。
もともとの伊藤若冲の作品が素晴らしいものがありますが、若冲の絵をもとにして、
綴れ織りにして、本物の絵と同じようなち密さ溢れる作品を作られたことに驚嘆です。

img_9869

是非相国寺承天閣美術館や、10月以降は京都市美術館での伊藤若冲展を楽しみにしている方
が多いかと思いますが、それに加えて、ここ嵐山の時雨殿で9月25日まで行われる
綴織 伊藤若冲展 をご覧になってみてください。

 

 

同じカテゴリー「トレンド情報」の一覧

京都祇園祭 山鉾巡行ルートを写真で紹介します。巡行・辻回しベストスポットはここ!

7月の1か月かけて京都で行われる祇園祭のハイライトといえば、 宵山と山鉾巡行だと思います。 ここでは7月17日前祭にて、7月24日後祭での山鉾巡行 のルートを写真で紹介すると共に、見学ベストスポットも […]

記事の続きを読む
NO IMAGE

京都観光で動物写真家 岩谷光昭さんの写真展”ねこの京都”開催されます。写真集も発売。

動物写真家として有名な岩谷光昭さんの京都に関する写真展が開催されます。 その名も”ねこの京都”です。 東京で開催された後に、京都で開催されます。 約150点の作品が展示されるそうです。

記事の続きを読む
NO IMAGE

京都観光イベント ピンクな嵐山であそ部 始まりました

ピンクな嵐山であそ部 という京都観光イベントが 2017年3月18日~4月30日行われます。 スポンサーリンク 場所は、京都観光で有名な京都の嵐山商店街などで、 ピンクの被写体を写真に撮影して、嵐山を […]

記事の続きを読む

京都観光2017年第51回京の冬の旅 壬生寺の本堂と狂言堂を観てきました。

2017年第51回京の冬の旅 壬生寺の本堂と狂言堂を観てきたので紹介したいと思います。 壬生寺とは?京都の阪急線四条大宮の近くにあるお寺です。 もともとは曹洞宗のお寺だったのですが、途中で律宗、奈良の唐招提寺と 同じ宗派のお寺になりました。

記事の続きを読む

京都観光ならでは、2017年第51回 京の冬の旅非公開文化財特別公開 妙心寺3か所拝観し、花園会館で抹茶無料でいただきました。

今年=2017年の1月7日~3月18日 なんと第51回京の冬の旅 非公開文化財特別公開行われています。今回の非公開文化財特別公開は、京都市内の14か所で開催されています。臨済宗の大きなお寺である妙心寺内でちょうど3か所特別公開している場所があったので行ってきました。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

京都観光オタクのプロフィール

京都と東京、さらにはさまざまな都市を駆け巡っています。 京都観光において一般の本や雑誌にあまりのっていない穴場や、 交通手段、美味しいところなどを紹介してゆきたいと思います。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 一味違う京都旅行を楽しむ!京都観光案内

    ページトップ