このサイトでは、京都に住んでいることから得られる生の情報を紹介します

MENU
一味違う京都旅行を楽しむ!京都観光案内 TOP  >  伊藤若冲  >  伊藤若冲ブーム再来?『ライジング若冲 天才 かく覚醒せり』2021/1/2 NHK総合とBS4K

伊藤若冲ブーム再来?『ライジング若冲 天才 かく覚醒せり』2021/1/2 NHK総合とBS4K

伊藤若冲というと、数年前、2010年代後半も大変なブームになり、東京の美術館では観覧するまでに数時間待ちといったことが起きましたが、2021年1月2日NHKで、伊藤若冲のドラマが放映されます。これによってまた伊藤若冲ブームが再来するのでは無いかと期待されます。

ライジング若冲 天才 かく覚醒せり とはどんなドラマ?

伊藤若冲という画家は江戸時代に大変緻密な絵を描く画家として有名になりました。しかしその生涯はな謎が多いとされています。今回のNHKドラマは、天才と言われる伊藤若冲に関して、その才能を目覚めるのに貢献したと言われる佐賀出身の僧侶である大典顕常を代表として、伊藤若冲と周りの関係者がどう伊藤若冲に関わったかが描かれます。

ドラマの中では、伊藤若冲の最高傑作とも言われ、これを観たいがために、東京都美術館で数時間並ぶことになったと言われる作品である”動植綵絵”がどう誕生したのかも描かれます。

伊藤若冲を演じるのは中村七之助です

惜しくも若くして亡くなった中村勘三郎さんの息子さんですね。伊藤若冲がこの20年何度かブームが起きている訳ですが、テレビドラマで伊藤若冲が取り上げられたことは無かったと思いますので、今回のドラマによって伊藤若冲ブーム再燃は間違いないですね。

2021年3月28日まで箱根の岡田美術館で伊藤若冲展をやっています

京都ではないのですが、伊藤若冲の展覧会を神奈川県箱根の岡田美術館で、2021年3月28日まで開催しています。以下の作品が展示されています。

30代後半の作品「花卉雄鶏図」

お店の家業を”隠居”後、画家となった40歳頃の「孔雀鳳凰図」

40代後半の「梅花小禽図」「雪中雄鶏図」「笠に鶏図」「月に叭々鳥図」

81歳と最晩年の作品 「三十六歌仙図屏風」

同じカテゴリー「伊藤若冲」の一覧

伊藤若冲ブーム再来?『ライジング若冲 天才 かく覚醒せり』2021/1/2 NHK総合とBS4K

伊藤若冲というと、数年前、2010年代後半も大変なブームになり、東京の美術館では観覧するまでに数時間待ちといったことが起きましたが、2021年1月2日NHKで、伊藤若冲のドラマが放映されます。これによ […]

記事の続きを読む

2016年 相国寺承天閣美術館 生誕300年記念 伊藤若冲展 後期 に行ってきました。

2016年、相国寺承天閣美術館での若冲展は、12月4日に終了と思いきや、 なんと今まで全く予定になかったのですが、なんと、12月15日から 後期若冲として再び若冲展が開催されていることがわかり、さっそく行ってきました。

記事の続きを読む

京都生まれの伊藤若冲の菩提寺である宝蔵寺では若冲の髑髏図の御朱印が貰えます。2017年も誕生日にあわせて公開されました。

伊藤若冲というか伊藤家の菩提寺であり、錦市場にほど近い宝蔵寺でも10月28日~11月7日 にかけて、若冲生誕300年特別公開において、”髑髏図”と”竹に雄鶏図”が展示されました。 特別公開は終わってしまいましたが、この宝蔵寺においては、若冲の髑髏図が描かれた御朱印帳 および御朱印を紙に押してもらうことが出来ます。

記事の続きを読む

2016年生誕300年 伊藤若冲の天井画を信行寺・特別公開行ってきました

2016年は、伊藤若冲生誕300年で、生まれ故郷の京都ではたくさんの伊藤若冲展が 行われています。相国寺承天閣美術館や京都市美術館での若冲展が賑わっておりますが、 それに加えて、短い期間の展示もあります。今回たった3日間、平安神宮に近い 信行寺というところで、若冲が晩年に描いた天井画公開がありましたので行ってきましたので 紹介したいと思います。

記事の続きを読む

京都の金戒光明寺はアフロヘア仏像に加えて、紅葉楽しめ、伊藤若冲の屏風も観れます

京都には沢山の神社仏閣がありますが、ひとつ穴場として紹介したいのが、 京都の東、岡崎にある金戒光明寺です。 ここは、アフロヘア仏像があまりにも有名ですが、紅葉の隠れた名所でもあります。 そのうえ、2016年秋の特別公開においては、伊藤若冲の作品 ”群鶏図押絵貼屏風”も鑑賞することが出来ます。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

京都観光オタクのプロフィール

京都と東京、さらにはさまざまな都市を駆け巡っています。 京都観光において一般の本や雑誌にあまりのっていない穴場や、 交通手段、美味しいところなどを紹介してゆきたいと思います。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2021 一味違う京都旅行を楽しむ!京都観光案内

    ページトップ