このサイトでは、京都に住んでいることから得られる生の情報を紹介します

MENU
一味違う京都旅行を楽しむ!京都観光案内 TOP  >  京都の神社仏閣  >  祇王寺は嵯峨野巡りの中間地点。紅葉と苔がすばらしい:一味違う京都観光案内

祇王寺は嵯峨野巡りの中間地点。紅葉と苔がすばらしい:一味違う京都観光案内

一味違う京都観光案内祇王寺は嵯峨野巡りの中間地点とも言える名所です。
静寂な雰囲気の中、地面に生えている苔、及び秋には紅葉が素晴らしいです。

スポンサーリンク



祇王寺とは?

祇王寺(ぎおうじ)は、京都市右京区、嵯峨野にある真言宗大覚寺派の寺です。
大覚寺が結構近くにあり、大覚寺と祇王寺と2つの寺を巡るディスカウント券があるのもそのためですね。
もともとは、浄土宗の僧である良鎮が創建した往生院という寺を引き継いだものだそうです。
なんといっても有名なのは、平家物語で語られている話、平清盛が寵愛した、白拍子 である
祇王と、仏御前が出家のため入寺したことで有名です。

祇王寺の行き方

祇王寺は最寄の駅、バスということで祇王寺だけをめがけていくのではなく、まさに
嵯峨野巡りの中で行く寺だと思います。
従いまして、一般的には天龍寺あたりから始まり竹林を経て、野宮神社、常寂光寺、落柿舎、二尊院、と
北に歩くコースで、二尊院の後に訪れる場所だと思います。
最寄のバス停だと、嵯峨釈迦堂前 になります。京都市バス28番、91番、92番系統で、
阪急嵐山線嵐山駅始発です。
祇王寺周辺の地図です。

祇王寺の中に入ってみました

祇王寺の入り口はこういう感じです。入り口は結構狭く、地味な雰囲気です。

IMG_5441

入り口入った後は、庭園が広がっています。きらびやかな庭園というわけではありません。
天龍寺とかの庭とは趣を異にします。もちろん枯山水の庭園とも違いますね。
この静けさ・地味ともいえる落ち着いた雰囲気を作り出しているのは、庭を覆っている苔だと思います。
IMG_3833
奥に見えるのが、祇王寺の母屋に相当します。
中は撮影禁止でしたが、中には、この祇王寺の物語となった
祇王、祇王の母親、恋敵?ともなった仏御前、そして平清盛の像が祀られています。

もうひとつ祇王寺の見所だと思うのが庭から見える竹林です。
竹林といえば、天龍寺から野宮神社、大河内山荘にいたる竹林が有名ですが、
この祇王寺の庭から見える竹林もなかなかのものだと思います。

 

IMG_9241

 

ということで、嵯峨野めぐりの中間地点にたたずむ祇王寺の落ち着いた空間に浸って
心落ち着けて物思いに耽るのも良いなと思いました。

そして、11月中旬以降は、この祇王寺の庭が紅葉の見ごろとなります。
さらに11月下旬から12月上旬にかけては散り紅葉苔庭の中に混じりあい
また格別の美しさになると思います。

ぜひ嵯峨野めぐりの際は、少し地味に思えるけど、心落ち着く寺、祇王寺を
訪れてみたらいかがでしょうか?

嵯峨野までの行き方は以下の2つを参考にごらんになってみてくださいね。

京都駅から嵯峨嵐山に行く方法

大阪方面から嵯峨嵐山に行く方法
スポンサーリンク



同じカテゴリー「京都の神社仏閣」の一覧

京都駅から徒歩10分!渉成園は東本願寺の離れの素敵なお庭がある邸宅でした

京都駅から徒歩10分でいける隠れた名所である渉成園に行ってきました。 渉成園は、東本願寺の離れ庭といえる場所で、 訪れる人も少なく、とても落ち着いたたたずまいでした。

記事の続きを読む

東本願寺は、京都駅から一番近い名所寺院です

東本願寺に行ってきました。 東本願寺は、京都駅から一番近いお寺といえます。 もちろん歩いて行けます。

記事の続きを読む

銀閣寺は、有名な建物だけでなく美しい庭園・ゴミ一つ無い道が見事です

銀閣寺とは? あまりにも有名なので、ご存知の方も多いかと思いますが、 銀閣寺は正式には、東山慈照寺というお寺で、世界文化遺産の一つです。 意外と知られていないのが、東山慈照寺=銀閣寺は、臨済宗相国寺の寺外塔頭の 一つなのです。実は、金閣寺も相国寺の塔頭です。

記事の続きを読む

【TABICAツアー京都・松尾大社】古代の磐座(いわくら)に登りました

TABICAが主催する【京都・松尾大社】京都屈指のパワースポット!山と海の神を祀る古代の磐座(いわくら)を目指す旅というツアーに参加しました。

記事の続きを読む

TABICA企画京都観光ツアー”熊野は京都にもあった!に参加。とても楽しかったです。

TABICA企画京都観光ツアー”熊野は京都にもあった! 【古代を体感!京の熊野】京に残る熊野信仰の地を体感する! に参加しましたしたので その体験レポートを記したいと思います。 TABICAとは? 「 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

京都観光オタクのプロフィール

京都と東京、さらにはさまざまな都市を駆け巡っています。 京都観光において一般の本や雑誌にあまりのっていない穴場や、 交通手段、美味しいところなどを紹介してゆきたいと思います。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 一味違う京都旅行を楽しむ!京都観光案内

    ページトップ