このサイトでは、京都に住んでいることから得られる生の情報を紹介します

MENU
一味違う京都旅行を楽しむ!京都観光案内 TOP  >  京都の行事  >  京都祇園祭は2014年から前祭と後祭の2つが復活 楽しみいっぱいです。

京都祇園祭は2014年から前祭と後祭の2つが復活 楽しみいっぱいです。

祇園祭とは?

京都の祇園祭は京都の三大祭りの一つです。
5月に行われる葵祭、10月に行われる時代祭と共に
京都三大祭りであると共に、日本三大祭の一つにも数えられる
大変有名なお祭りです。
スポンサーリンク


祇園祭の歴史

なんと平安時代の863年に疫病の流行によりたくさんの方が亡くなったのを
弔うために、二条城近くの神泉苑で行われた行事がきっかけとなって
祇園祭に発展してゆきました。祇園社=八坂神社の祭礼となりました。

前祭と後祭

1966年(昭和41年)以前は前祭と後祭に分かれていましたが、この年になり
前祭と後祭が合併して、7月17日に一回の山鉾巡行が行われるようになりました。
それが、2014年(平成26年)になると、7月24日の後祭りが復活しました。

山鉾巡行とは?

7月いっぱい行われる祇園祭の中でも最も有名で、たくさんの人が集まるのが
山鉾巡行です。
実は、7月17日に神幸祭、7月24日に還幸祭というのがあり、
そのご神体が通る前に道を清めるために行われたのが山鉾巡行です。

山鉾巡行の特徴

いわゆる山鉾というものを担いで練り歩きます。
7月17日の前祭山鉾巡行では、23個の山鉾が、四条烏丸あらりを起点に、
四条通りを歩き、四条河原町交差点を左折、ずっと北に進み、京都市役所前を
左折、ずっと御池通を西進し、烏丸御池駅あたりが終点となります。

もうすこし詳細の日程

前祭は以下の通りです。
7月10日~14日 山鉾建て
7月14日~16日 宵山
7月17日 前祭山鉾巡行 午前9時四条烏丸前出発
23個の山鉾があり。
神幸祭 神輿渡御

後祭は以下の通りです。
7月17日~21日 山鉾建て
7月31日~23日 宵山
7月24日 後祭山鉾巡行 午前9時半烏丸御池前出発
花傘巡行 午前10時 八坂神社石段下出発
10個の山鉾があり。
還幸祭 神輿渡御

スポンサーリンク


同じカテゴリー「京都の行事」の一覧

京都祇園祭山鉾巡行 意外と知られていない山鉾の分類と巡行順番

京都祇園祭のハイライトと言えば、山鉾巡行ですね。 現在山鉾は前祭・後祭合わせて33あります。前祭で23の山鉾、後祭で10の山鉾が巡行します。 意外と山鉾の種類と、山鉾巡行のときの巡行順番について知られていないようなので、ここで説明 したいと思います。

記事の続きを読む

祇園祭見物に京都市内に車で来られる方のための京都市駐車場リストです

京都見物に他から車で来られたい方もいらっしゃると思います。実際のところは京都は、最近 人気が高まっており、土日終日や、桜・紅葉・祇園祭などのときは人も車もごった返しになるので 決して強くはお勧めできま […]

記事の続きを読む

京都祇園祭 山鉾巡行ルートを写真で紹介します。巡行・辻回しベストスポットはここ!

7月の1か月かけて京都で行われる祇園祭のハイライトといえば、 宵山と山鉾巡行だと思います。 ここでは7月17日前祭にて、7月24日後祭での山鉾巡行 のルートを写真で紹介すると共に、見学ベストスポットも […]

記事の続きを読む

京都駅から祇園祭会場に行くなら歩くのもお奨めです。烏丸通を歩いてみましょう。

京都駅から約25分で、祇園祭山鉾巡行前祭の出発地点である 四条烏丸に着きます。そして途中に見所もあるので、ぜひ朝早くから 祇園祭を観る場合は、お勧めしたいと思います。

記事の続きを読む

祇園祭と梅雨明けの関係について:梅雨明け平均は7月21日です。前祭梅雨明け確率は半々。

祇園祭は、前祭の山鉾巡行が毎年7月17日に、後祭の山鉾巡行が毎年7月24日に決まっています。 一方、この7月といえば、大体7月のはじめから半ばくらいまでは梅雨真っ只中。 梅雨明けというと、学校が夏休みに入る7月20日くらいというイメージがありますが 実際にはどうなのでしょうか?

記事の続きを読む

人気記事ランキング

京都観光オタクのプロフィール

京都と東京、さらにはさまざまな都市を駆け巡っています。 京都観光において一般の本や雑誌にあまりのっていない穴場や、 交通手段、美味しいところなどを紹介してゆきたいと思います。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 一味違う京都旅行を楽しむ!京都観光案内

    ページトップ