このサイトでは、京都に住んでいることから得られる生の情報を紹介します

MENU
一味違う京都旅行を楽しむ!京都観光案内 TOP  >  伊藤若冲  >  【伊藤若冲】伊藤若冲の作品が常に無料で見れる穴場は、東京目白の椿山荘の庭園です

【伊藤若冲】伊藤若冲の作品が常に無料で見れる穴場は、東京目白の椿山荘の庭園です

今年2016年は江戸時代の技巧画家である伊藤若冲生誕300年ということがあり、
大変な伊藤若冲ブームになっています。
5月中旬まで東京上野の東京都美術館で開催されていた若冲展は最高4-5時間待ちという
大変な人気の中で開催を終えました。

スポンサーリンク


今年2016年は、これからも京都を始めとして、全国様々なところで
伊藤若冲展が開催されますが、東京において、常に伊藤若冲の作品が見れる穴場を
ご紹介したいと思います。それも基本的には無料で観れるのです。

それは東京都文京区にある椿山荘というところです。
椿山荘の庭園に、伊藤若冲が下絵をした五百羅漢、メインは、京都の伏見稲荷大社近くの
石峰寺にある五百羅漢のうち、17体がなんと東京椿山荘に移設されているのです。

椿山荘とは?

東京都文京区にある、現在はホテルと結婚式場などがある施設です。
もともとは明治時代の元勲である山縣有朋が、1878年(明治11年)に
自分の屋敷として購入した場所です。
その山縣有朋が、庭園を造るのを趣味としており、庭園を造りました。

なぜ若冲の作品が椿山荘に?

1918年(大正7年)に大阪を本拠とする藤田平太郎という男爵が、
山縣有朋から椿山荘を譲り受けて、1925年(大正14年)にもともと
石峰寺から藤田氏が廃仏毀釈令のときに石峰寺から
譲り受けた羅漢を椿山荘のお庭に設置することになった、というわけです。

関連記事:【伊藤若冲】伏見稲荷大社の近くにある 石峰寺は、今話題の伊藤若冲のお墓並びに、羅漢があります。

あまり椿山荘の伊藤若冲・羅漢のことは宣伝していません

椿山荘において、庭園に入って地図があるものの、この伊藤若冲下絵の羅漢の
ことは、はっきり書かれていません。庭園をぐるっと回ってみて見つけてみてくださいね。

ここが椿山荘の外観です。

IMG_9766

エントランス向かって正面に、庭園入口の案内がありました。

IMG_0780

この入口から階段を下におりて比較的近くに羅漢はあります。

IMG_2028

 

左側のドアを開けると外に出られます。

 

IMG_7803

この地図の中で、右側の道をまっすぐ進むと羅漢があることが記されています。

IMG_7804 IMG_7805

まずは羅漢の標識がありました。大正14年に移設したと記されています。

移設元は、京都伏見稲荷大社から歩いて数分のところにある石峰寺。
伊藤若冲は晩年になって、京都錦市場あたりから、この石峰寺近くに移り住み、
創作活動をつづけました。

IMG_0898
以下が実際の羅漢です。現在石峰寺の羅漢は撮影禁止である一方、
椿山荘のこれら17体の羅漢は撮影OK。という意味でも貴重な羅漢です。

IMG_1525

 

以下約20体の羅漢の写真をずっと記します。

IMG_7811

IMG_7812

IMG_7813

IMG_7814

IMG_7815

IMG_7817

IMG_7818

IMG_7819

IMG_7820

IMG_7821

IMG_7822

IMG_7823
ぜひ椿山荘の庭園にある伊藤若冲作の羅漢をご覧になってみてください。

伊藤若冲関連記事を以下に記します。

関連記事:伊藤若冲関連で京都でゆかりの場所
関連記事:伊藤若冲 京都での展示情報
関連記事:伊藤若冲ゆかりの相国寺の承天閣美術館とお墓
関連記事:上野の伊藤若冲展(2)
関連記事:上野の伊藤若冲展(1)
関連記事:伊藤若冲が晩年過ごした石峰寺
関連記事:伊藤若冲の本

スポンサーリンク


同じカテゴリー「伊藤若冲」の一覧

2016年 相国寺承天閣美術館 生誕300年記念 伊藤若冲展 後期 に行ってきました。

2016年、相国寺承天閣美術館での若冲展は、12月4日に終了と思いきや、 なんと今まで全く予定になかったのですが、なんと、12月15日から 後期若冲として再び若冲展が開催されていることがわかり、さっそく行ってきました。

記事の続きを読む

京都生まれの伊藤若冲の菩提寺である宝蔵寺では若冲の髑髏図の御朱印が貰えます。2017年も誕生日にあわせて公開されました。

伊藤若冲というか伊藤家の菩提寺であり、錦市場にほど近い宝蔵寺でも10月28日~11月7日 にかけて、若冲生誕300年特別公開において、”髑髏図”と”竹に雄鶏図”が展示されました。 特別公開は終わってしまいましたが、この宝蔵寺においては、若冲の髑髏図が描かれた御朱印帳 および御朱印を紙に押してもらうことが出来ます。

記事の続きを読む

2016年生誕300年 伊藤若冲の天井画を信行寺・特別公開行ってきました

2016年は、伊藤若冲生誕300年で、生まれ故郷の京都ではたくさんの伊藤若冲展が 行われています。相国寺承天閣美術館や京都市美術館での若冲展が賑わっておりますが、 それに加えて、短い期間の展示もあります。今回たった3日間、平安神宮に近い 信行寺というところで、若冲が晩年に描いた天井画公開がありましたので行ってきましたので 紹介したいと思います。

記事の続きを読む

京都の金戒光明寺はアフロヘア仏像に加えて、紅葉楽しめ、伊藤若冲の屏風も観れます

京都には沢山の神社仏閣がありますが、ひとつ穴場として紹介したいのが、 京都の東、岡崎にある金戒光明寺です。 ここは、アフロヘア仏像があまりにも有名ですが、紅葉の隠れた名所でもあります。 そのうえ、2016年秋の特別公開においては、伊藤若冲の作品 ”群鶏図押絵貼屏風”も鑑賞することが出来ます。

記事の続きを読む

伊藤若冲の最晩年傑作・天井画”花卉図”が2016年11月11日~13日京都の信行寺で公開。行き方を写真で紹介します。

2016年は伊藤若冲生誕300年。春の東京都美術館での若冲展は、毎日大変な人だかりで話題になりましたが、秋は若冲の故郷である京都でいくつもの若冲展が行われています。京都東山にある信行寺でも 11月11日~13日たった3日間ですが、若冲の作品が公開されます。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

京都観光オタクのプロフィール

京都と東京、さらにはさまざまな都市を駆け巡っています。 京都観光において一般の本や雑誌にあまりのっていない穴場や、 交通手段、美味しいところなどを紹介してゆきたいと思います。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 一味違う京都旅行を楽しむ!京都観光案内

    ページトップ