このサイトでは、京都に住んでいることから得られる生の情報を紹介します

MENU
一味違う京都旅行を楽しむ!京都観光案内 TOP  >  京都の芸術 , 伊藤若冲  >  【伊藤若冲】2016上野の若冲展レポート、若冲ワールドに夢中。夏から冬にかけて京都の4か所で行われます

【伊藤若冲】2016上野の若冲展レポート、若冲ワールドに夢中。夏から冬にかけて京都の4か所で行われます

はじめに

江戸時代中期の京都錦市場に生まれ、大胆な構図と細密な筆致、そしてオリジナリティに満ちた天才絵師・伊藤若冲(1716-1800)。
2016年は、若冲生誕300年のお祭りイヤー。
今年の美術展のスケジュールを取り上げた雑誌では、今回の上野の展覧会での出展作のクオリティの高さを取り上げて絶賛していましたので、上野の東京都美術館に行ってきました。

スポンサーリンク


若冲展は大混雑

これが若冲展の看板です。

IMG_2898

上野に行ったら大変な混雑。10時開場に対して9時くらいに行きましたが、この大混雑でした。

IMG_2473

約2時間待ち、会場に入ることができました。

若冲展のパンフレット

さすがに、展覧会の中は撮影禁止なので、パンフレットの写真を紹介したいと思います。

IMG_7199

IMG_3089

今回の若冲展の目玉は『動植綵絵』です

最大の目玉は、宮内省所蔵の『動植綵絵』全30幅です。
『動植綵絵』は、絹地に最高の顔料を使い、最高の技術で描かれた傑作です。
絹の裏側からも彩色を施しているので、実際に見ると奥行きが感じられます。

写真では、色鮮やかに感じられましたが、実物は奥の深い何とも言えない上品な色をしていました。
一つ一つじっくり眺めていると、超絶技巧という言葉が浮かんできました。
そして、メインの鳥や動物、花のまわりのすべてに向けた愛情に満ちた眼差しを感じました。
この絵の背景に貫かれているのは、「すべての存在に命があり、仏の慈悲によって祝福されている」という釈迦の教えでした。
それは、『菜蟲譜』に出てくる四季の野菜や池辺に集う生き物たちのゆるい筆致にも感じられました。

釈迦三尊像も

今回は、この素晴らしい『動植綵絵』30幅が、京都・相国寺に寄進した『釈迦三尊像』3幅と一堂に会することになりました。
これら33幅は、熱心な仏教徒であった若冲が、亡き両親と弟、そして自分自身の永代供養を祈って京都・相国寺に寄進し、寺の荘厳具として末永く伝えてほしいと願った作品です。

『釈迦三尊像』を中心に、左右に『動植綵絵』を並べ連ねて、仏のための特別な世界を構築していたのです。
この部屋に入ると、3幅のお釈迦様が迎えてくれました。
その周りを囲む様々に描かれた生き物たち。その迫力に圧倒されると共に、大混雑にもかかわらず、とても穏やかな気持ちになりました。
真ん中に置かれたソファにじっと座っている人たちは、疲れたからという訳だけではないでしょう。
こんなに実物の力に圧倒されたのは初めてかもしれません。
ここに居合わせただけでも、大行列に耐えた価値があったと思いました。

さらなる目玉が、「プライスコレクション」

もう一つの目玉は、若冲最大の個人コレクターであるジョー・プライスさんとエツコさんご夫妻による「プライスコレクション」です。
24歳のプライスさんがニューヨークの古美術店で出会ったのは、若冲の水墨画でした。
その『葡萄図』はエンジニアだった彼の心を一瞬でとらえました。それは1953年のことです。
彼の人生は大きく変わっていきました。

今回注目すべき作品はモザイク画のように見える枡目描きで動物や霊獣を描いた超大作『鳥獣花木図屏風』でしょう。
西陣織の「正絵(しょうえ)」と呼ばれる下絵に着想を得て手がけたといわれる「枡目描き」は、現代のデジタル画像のようです。
桝目の数は、両隻で86000個以上に及び、そこに数多くの動植物や霊獣が描かれています。

約1センチメートル四方の方眼によって画面を埋め尽くす、まさに空前絶後の手法だといえるでしょう。
本当に発想が豊かでユニークな絵です。

もう一つの桝目描きの作品が、静岡県立美術館にあります。それは、『樹花鳥獣図屏風』です。
数年前、静岡まで見に行きました。どちらも何ともいえない不思議なオーラを放っていました。
いろいろな生き物たちが平和の共存している世界観は、ともすると平和が脅かされようとしている現代に警鐘を鳴らしているかのようです。

音声ガイドが見事です

それから、音声ガイドがよくできていました。ナビゲーターは上品な声の中谷美紀さん。
作品の解説や若冲の紹介だけでなく、展覧会を監修した岡田美術館館長の小林忠氏のスペシャル解説『孔雀鳳凰図』について、総合監修をした辻惟雄氏のスペシャル解説『動植綵絵』について、また、ジョー・プライス氏の肉声コメントまであって、とても贅沢な35分間でした。

夏~冬に京都で開催されます

今回は東京で行われたわけですが、この2016年夏~冬には若冲の故郷、京都4か所において若冲展が行われる予定です。
関連記事:伊藤若冲展 2016年夏~冬に 京都4か所で開催

このレポートが参考になればと思います。

関連記事:2016年 ブームの伊藤若冲の本を紹介します

関連記事:伊藤若冲ゆかりの相国寺の承天閣美術館と伊藤若冲のお墓です

関連記事:伊藤若冲展再び 若冲ワールドに魅せられて3度目の鑑賞をしました

スポンサーリンク


同じカテゴリー「京都の芸術」の一覧

【祇園祭展示】ヨドバシカメラ隣の展示室と漢字博物館内祇園祭ギャラリー2個所紹介します

祇園祭関連の常設展示があるのは、京都国立博物館でも京都市美術館でもなく、 以下の2つの場所になります。 1)京都市無形文化遺産展示室 2)祇園祭ギャラリーin漢字博物館

記事の続きを読む

京都国際マンガミュージアム2006年開館~館長が変わりました。

京都国際マンガミュージアムの館長が変わりました。 2016年にオープンした京都国際マンガミュージアムの館長が 4月1日付で養老孟司さんから作家の荒俣宏さんに変わりましたね。 荒俣宏さんは、もともとは会 […]

記事の続きを読む
NO IMAGE

京都観光:市内には実に多くの骨董品屋さんがあります。骨董品屋さん巡りはいかが?

京都は、やはり、伝統ある神社仏閣や老舗の店がたくさん残っていることと関係していると思いますが、 実にたくさんの骨董品店があります。 すこし調べてみたところ、10や20ではありません。 例えば京都市の中心部である中京区だけで、50を超えるくらいの骨董品屋さんがあります。

記事の続きを読む

【2016年伊藤若冲展】相国寺で開催中・京都市美術館開催前の穴場は、嵐山時雨殿で開催の”綴織伊藤若冲展”です

今年、2016年は伊藤若冲生誕300年ということで、春の東京上野の東京都美術館での若冲展が大変な混雑になったことを口火として、今でも伊藤若冲ブームが続いていますね。 伊藤若冲の故郷、京都でも相国寺承天 […]

記事の続きを読む

【伊藤若冲】の生まれ故郷 【錦市場】で若冲の絵が楽しめます

ブームの伊藤若冲と錦市場の関係とは? 今年(2016年)は江戸時代中期の画家、伊藤若冲生誕300年ということで、 上野東京都美術館で行われた伊藤若冲展は3-4時間待ちの場合もあった位、大盛況でした。 その伊藤若冲の絵が京都の烏丸~河原町の間にある錦市場で観れるのをご存じですか? それもそのはず、伊藤若冲はなんと錦市場生まれだったのです。 ここでは、錦市場内で沢山観れる 伊藤若冲の絵の垂れ幕を写真で紹介してゆきたいと思います。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

京都観光オタクのプロフィール

京都と東京、さらにはさまざまな都市を駆け巡っています。 京都観光において一般の本や雑誌にあまりのっていない穴場や、 交通手段、美味しいところなどを紹介してゆきたいと思います。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 一味違う京都旅行を楽しむ!京都観光案内

    ページトップ