このサイトでは、京都に住んでいることから得られる生の情報を紹介します

MENU
一味違う京都旅行を楽しむ!京都観光案内 TOP  >  京都の芸術  >  舞妓さんの踊りが観れるイベントは4月~5月に目白押しです

舞妓さんの踊りが観れるイベントは4月~5月に目白押しです

京都といえば舞妓さん。

数年前、舞妓はーん という映画もヒットしたように
舞妓さんが踊っている姿を京都で観るのはひとつのあこがれかと思います。
ところが、一般に舞妓さんの踊りを観るのは、
一見さんお断りの上、かつ京都の御茶屋・料亭で観るとなると
一回につき、数万円もかかるイメージがあり、
かなりハードルが高いと思っていらっしゃる方が多いかと思います。

スポンサーリンク


しかしながら、舞妓さんの踊りが観られるイベントが年間幾つか
あるのはご存知でしょうか?
中でも春、4月~5月にかけては以下のような舞妓さんのイベントがあるのです。

先に京都の舞妓さんの予備知識を・・・

舞妓さん・花街とは?

京都において、舞踊やお囃子などの芸を行う若い女性のことで、
実はまだ踊る女性としては見習いの女性を舞妓といいます。
一人前になると芸妓と呼ばれます。

舞妓さんがいる場所を、花街といい、京都の中には5つの花街があります。
1)上七軒
2)先斗町
3)宮川町
4)祇園甲部
5)祇園東

このうち、2)から5)の4つの花街は四条河原町周辺にありますが、
1)の上七軒だけは、四条河原町から見て北西方向の、北野天満宮の
近くにあります。

街で歩いている舞妓さんは舞妓さんでないのがほとんどです。

よく四条河原町周辺や、嵐山・嵯峨野で舞妓さんのような着物を
着ている人に遭遇しますが、そのほとんどは観光客が着物を着ている
場合が多いです。
なかなか普段は街中で本物の舞妓さんを見かけるのが難しいのが実情です。

舞妓さんを近くで見れるチャンスが”踊りイベント”です。

ということで、舞妓さんを近くで観れる、かつ踊りも鑑賞できる
イベントがあるのです。
春は以下のようなイベントがあります。
5つの花街のうち、祇園東を除く4つの花街で春のイベントがあります。
なお、祇園東は、11月に、祇園をどり というイベントがあります。

1)北野をどり
毎年3月25日~4月7日に 上七軒歌舞練場で上演されます。
京都の花街での春のをどりの中で、一番早いイベントです。
2)都をどり
毎年4月1日~4月30日に 祇園甲部歌舞練場で上演される祇園甲部のイベントです。
3)京をどり
毎年4月第一土曜日~第三土曜日に 宮川町歌舞練場で上演される
宮川町のイベントです。
4)鴨川をどり
毎年5月1日~5月24日に先斗町歌舞練場で上演される
先斗町のイベントです。

ということで、舞妓さんを時下に観るチャンスとして、これら4つのイベントの
いずれかに行ってみられたら如何でしょうか?

スポンサーリンク


同じカテゴリー「京都の芸術」の一覧

【祇園祭展示】ヨドバシカメラ隣の展示室と漢字博物館内祇園祭ギャラリー2個所紹介します

祇園祭関連の常設展示があるのは、京都国立博物館でも京都市美術館でもなく、 以下の2つの場所になります。 1)京都市無形文化遺産展示室 2)祇園祭ギャラリーin漢字博物館

記事の続きを読む

京都国際マンガミュージアム2006年開館~館長が変わりました。

京都国際マンガミュージアムの館長が変わりました。 2016年にオープンした京都国際マンガミュージアムの館長が 4月1日付で養老孟司さんから作家の荒俣宏さんに変わりましたね。 荒俣宏さんは、もともとは会 […]

記事の続きを読む
NO IMAGE

京都観光:市内には実に多くの骨董品屋さんがあります。骨董品屋さん巡りはいかが?

京都は、やはり、伝統ある神社仏閣や老舗の店がたくさん残っていることと関係していると思いますが、 実にたくさんの骨董品店があります。 すこし調べてみたところ、10や20ではありません。 例えば京都市の中心部である中京区だけで、50を超えるくらいの骨董品屋さんがあります。

記事の続きを読む

【2016年伊藤若冲展】相国寺で開催中・京都市美術館開催前の穴場は、嵐山時雨殿で開催の”綴織伊藤若冲展”です

今年、2016年は伊藤若冲生誕300年ということで、春の東京上野の東京都美術館での若冲展が大変な混雑になったことを口火として、今でも伊藤若冲ブームが続いていますね。 伊藤若冲の故郷、京都でも相国寺承天 […]

記事の続きを読む

【伊藤若冲】の生まれ故郷 【錦市場】で若冲の絵が楽しめます

ブームの伊藤若冲と錦市場の関係とは? 今年(2016年)は江戸時代中期の画家、伊藤若冲生誕300年ということで、 上野東京都美術館で行われた伊藤若冲展は3-4時間待ちの場合もあった位、大盛況でした。 その伊藤若冲の絵が京都の烏丸~河原町の間にある錦市場で観れるのをご存じですか? それもそのはず、伊藤若冲はなんと錦市場生まれだったのです。 ここでは、錦市場内で沢山観れる 伊藤若冲の絵の垂れ幕を写真で紹介してゆきたいと思います。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

京都観光オタクのプロフィール

京都と東京、さらにはさまざまな都市を駆け巡っています。 京都観光において一般の本や雑誌にあまりのっていない穴場や、 交通手段、美味しいところなどを紹介してゆきたいと思います。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 一味違う京都旅行を楽しむ!京都観光案内

    ページトップ