このサイトでは、京都に住んでいることから得られる生の情報を紹介します

MENU
一味違う京都旅行を楽しむ!京都観光案内 TOP  >  京都穴場紹介、豆知識  >  京都嵯峨野巡りの北側で見逃せないのはあだし野の念仏寺です~一味違う京都観光案内~

京都嵯峨野巡りの北側で見逃せないのはあだし野の念仏寺です~一味違う京都観光案内~

一味違う京都観光案内:あだし野の念仏寺は京都嵯峨野巡りでもかなり北のほうになり、
天龍寺からだと約1時間くらい歩くことになりますので、
ここまで足を運ぶ人は少なくなりますね。




あだし野の あだし は漢字で書くと、 です。
あだし の意味は、はかない、むなしいという意味で、また”化”は、 ”生”が化けて、”死”になり、
この世に再び生まれ化ける事や、極楽浄土に往生する願いなどを意図しているそうです。

宗派でいうと浄土宗。浄土宗といえば、宗祖は法然
阿弥陀如来を本尊としていて、総本山は同じく京都の東山方面にある知恩院です。

ここは何といっても境内に約8000体ある石仏、石塔が有名です。

実はそれが集まったのはそんなに古い歴史ではなく、1903年頃、あだし野にあった沢山の無縁仏を
掘り出した上で、集めたものだそうです。

それらが一番集まっている境内の場所が 西院の河原というところです。以下の写真をご覧くださいね。

あだしの念仏寺代表的な写真

さらにこの念仏寺には見所があります。

奥のほうには竹林があり、その竹林はそれほど広くないですが、
野々宮神社や大河内山荘近くの竹林を彷彿とさせます。ここです。

あだしの念仏寺の中の竹林

さらに竹林がある階段を登ると、六面六体地蔵があります。
六面の地蔵さんを時計回りに順番に回って水をかけると、とてもご利益があるようです。

あだしの念仏寺六面六体地蔵の本体

あだしの念仏寺六面体地蔵

ということで、是非 嵯峨野巡りの終着点として、あだし野の念仏寺に足を運んでみてくださいね。

あだし野念仏寺の情報

行きかた

電車を用いる場合:JR嵯峨嵐山駅から、嵯峨野のメインストリートである長辻通に出て、嵐山渡月橋と
反対方向、北方向に歩き、嵯峨野巡りということで、野宮神社や常寂光寺の方面
の標識が出る方向に歩き、野宮神社、落柿舎、二尊院、祇王寺などを通り過ぎて
あだし野念仏寺に到達します。 JR嵯峨嵐山駅からだと30分くらい歩きます。

あだし野念仏寺周辺の地図です。

参考に以下をご覧ください。
嵐山・嵯峨野巡り 渡月橋~あだし野念仏寺

バスを用いる場合:京都駅発 京都バス 72系統 ”嵐山・清滝”行きに乗り、約40分乗車、
鳥居本バス停下車して、徒歩数分です。

拝観時間

9時~16時半

拝観料

500円

 



同じカテゴリー「京都穴場紹介、豆知識」の一覧

京都祇園祭 山鉾巡行ルートを写真で紹介します。巡行・辻回しベストスポットはここ!

7月の1か月かけて京都で行われる祇園祭のハイライトといえば、 宵山と山鉾巡行だと思います。 ここでは7月17日前祭にて、7月24日後祭での山鉾巡行 のルートを写真で紹介すると共に、見学ベストスポットも […]

記事の続きを読む

京都駅から徒歩10分!渉成園は東本願寺の離れの素敵なお庭がある邸宅でした

京都駅から徒歩10分でいける隠れた名所である渉成園に行ってきました。 渉成園は、東本願寺の離れ庭といえる場所で、 訪れる人も少なく、とても落ち着いたたたずまいでした。

記事の続きを読む

【TABICAツアー京都・松尾大社】古代の磐座(いわくら)に登りました

TABICAが主催する【京都・松尾大社】京都屈指のパワースポット!山と海の神を祀る古代の磐座(いわくら)を目指す旅というツアーに参加しました。

記事の続きを読む

京都観光の穴場【原谷苑】はまるでおとぎの国!桜と様々なお花のコラボに感動です。

以前から行きたかった、金閣寺よりも北にある京都観光の穴場スポットである 【原谷苑】に行ってきました。桜シーズンにかけて一般公開されていました。 行ってみたら、想像以上に桜とほかの花のコラボレーションが素晴らしくて感動。 まるでおとぎの国。イングリッシュガーデンと同じくらい絢爛豪華な ジャパニーズガーデンでした。今から写真で紹介したいと思います。

記事の続きを読む

京都観光の地、嵐山嵯峨野お得情報まとめ:行き方・人気店に入れる方法・穴場のお店紹介します

京都観光の地、嵐山・嵯峨野お得情報まとめ:行き方・並んでる店に入れる方法・穴場のお店紹介します 京都観光の地はたくさんありますが、ベスト3人気ともいえるのが 西側の嵐山・嵯峨野地区ですね。 嵐山のシン […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

京都観光オタクのプロフィール

京都と東京、さらにはさまざまな都市を駆け巡っています。 京都観光において一般の本や雑誌にあまりのっていない穴場や、 交通手段、美味しいところなどを紹介してゆきたいと思います。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 一味違う京都旅行を楽しむ!京都観光案内

    ページトップ